読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水戸署取り調べ官のお茶から睡眠薬

別の留置人の睡眠薬と同成分 取調官居眠り・逃走事件 - 47NEWS(よんななニュース)

水戸署に窃盗未遂容疑で逮捕された無職柘植直人容疑者(24)が取り調べ中に逃走した事件で、居眠りをした巡査長(30)のお茶から検出された睡眠薬の成分が、同署に留置されている別の留置人に処方された睡眠薬と同じだったことが26日、県警への取材で分かった。

 水戸署は、柘植容疑者が睡眠薬を巡査長のお茶に入れた可能性があるとみている。別の留置人は、許可を得て医師に睡眠薬を処方してもらっていたが、柘植容疑者とこの留置人が直接接触する機会はなく、同署は睡眠薬の入手の経緯について調べている。

 同署によると、巡査長は24日午後2時ごろから、2人分のお茶を用意して取り調べを開始。その後、居眠りをして、午後4時半ごろ、柘植容疑者がいなくなっているのに気付いた。同容疑者のコップからは睡眠薬は検出されなかった。

かなり普通じゃない事件だね。常に睡眠薬を持っていた?それとも留置人と既につながりがあったのか?

関連ニュース
睡眠薬混入の経緯調査 : 茨城 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
水戸署取り調べ官のお茶から睡眠薬…居眠り中の容疑者逃走 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)