読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Radeonドライバ (AMD Catalyst Driver 13.4)でハマる

Win8.1 preview+Catalyst 13.1で安定していたが、まれにスリープ復帰時にHDMI Audioがお亡くなりになる現象が発生。

13.6 beta入れてみたが、HDMI audioの問題は解決されず。

13.8 beta入れてみたら、今度はCatalyst Control Center(CCC)が起動しなくなる。画面右クリからもデバイスマネージャからもダメ。

コントロールパネル→アプリケーションのアンインストールからAMD Install Managerで修復を行うもダメ。

stable版を上書きしてみようと思って13.4を上書きインストール(これがダメだった)

インストール中に「障害が発生しました!」と表示されるも、最後までインストール完了

再起動したらログイン画面まで行かずにブルースクリーン

自動復帰に失敗。起動オプションからシステムの復元を試みるも、なぜか失敗(これが一番わからん)

セーフモードで起動し、デバイスマネージャからグラフィックドライバをロールバック

やっと普通に起動成功。もう一度13.8 betaを入れようとカスタムインストールで進めてみると、なぜかグラフィックドライバが一覧に出てこない…??

念のため、13.6 betaでカスタムインストール。今度は全部一覧に出た。

ドライバは入ったが、まだCCC起動せず。

アンインストーラでCCC「だけ」アンインストール

13.6 betaでCCCだけインストール

やっとCCC起動した!

まあ横着せずに、全部きれいにアンインストールしてから入れろってことだね…。
上書きインストールの時に、項目によっては上書きされない場合があるみたい。
ドライバのバージョンと要求されるCCCのバージョンがズレていると、CCCが起動しないようである。

今回困ったのは、Win8でのセーフモード起動。
意図的に起動オプションを表示するように再起動させるのはできるのだが、再起動時に特定のキーで起動オプションを表示させるのが簡単にできない。
結局、「ブルースクリーン→再起動→自動修復→失敗した後にメニューから選択」という流れでセーフモードに入ったが、どうにかキーで入れる様にしたいなあ。
あと、毎度のことだけどセーフモードでのアプリのアンインストールができない(Windows インストーラサービスが使えない)のは設計ミスとしか思えないよな−。